おならが止まらない

おならがよく出るという悩み

おならが臭いのは、胃で消化しきれなかったタンパク質を、腸内の悪玉菌が分解してアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などの悪臭物質をつくりだすためです。

そのため肉類の摂取を減らしたり、腸内環境を整えて悪玉菌を減らしたりすることで、おならの臭いのクサさは改善します。

しかし、おならの回数が多い場合はどうすれば良いのでしょうか。

おならに関する悩みとしては、おならの臭いのほかに、おならが止まらない、おならがよく出るといったものがあります。ここでは、それらの問題の対策を説明します。

ガス腹の原因とは

おならが止まらない、おならがよく出るという場合、ガスがお腹にたまりやすい生活習慣になっている可能性があります。ガス腹のことを医学用語では鼓腸と言いますが、その鼓腸の原因は以下のとおりです。

食べるスピードが早い

食べるスピードが早いと、食べ物と一緒に空気もとりこんでしまうため、お腹にガスがたまりやすくなります。おならの7割はこの空気と言われているので、空気をなるべく飲みこまないことが回数を減らすことにつながります。

便秘ぎみである

便秘というのは、腸内に便がとどまっている状態のことです。便が長くとどこおると、腸内環境が悪化して悪玉菌が増えます。すると、タンパク質が分解されて発生する腐敗臭がより多くできることになります。

また、腸内に便がつかえてガスが体外へ排出できないという状態にもなりがちで、そうなるとポッコリお腹の原因にもなりますし、おならの回数がより多くなってしまいます。

運動不足と筋力不足

運動が足りないと、腸が活発に動かず、ガスの排出もうまくできない状態になります。また筋力が弱く腸を支えられない場合、腸が垂れ下がって便やガスの通り道がふさがり、お腹の中におならが溜まりやすくなります。

とくに女性は運動不足や筋力不足になりがちなので、注意が必要です。

おならの回数が多い場合の対策

おならの回数が多い、なかなか止まらないという場合は、上記の原因を取り除くような生活習慣つくることが大事です。

具体的には、まず肉類の摂取を控えめにして、野菜や果物、豆類などを積極的に摂るようにしましょう。食物繊維が豊富なものやオリゴ糖を含む食品を摂ることで便秘解消につながり、腸内環境の改善がなされます。

腸内環境がよくなれば悪臭の原因をつくる悪玉菌の勢力が弱まり、おならの回数が減ったり、臭いがクサくなくなったりするという効果が得られます。

次に、食事の見直しです。食事をとるときには、ひとくちあたり最低20回は噛むようにしましょう。それが無理なら、最初のひとくち目だけ50回噛みましょう。食べるスピードを抑えることで、飲み込む空気の量を減らすことができます。

そして、ウォーキングやストレッチなどの運動も大事です。運動することで腸の動きが活発になり、便やおならを排出しやすくなります。また筋力がアップすることで、腸を一定の位置に保つことができ、便秘になりにくくなります。

とくにお腹(腰)をひねるなどのストレッチは腸の動きを活発にするのに適しているので、お風呂あがりなどにリラックスしながらおこなうと良いと思います。