おならの臭いの原因

おならはなぜ臭くなるのか?

おならの臭い原因は、「タンパク質の摂りすぎ」や「腸内環境の悪化による悪玉菌の増加」「ストレス」「自律神経の乱れ」などです。

これらの要素が複合的にからみあって、臭いおならが出たり、おならの回数が多くなったり、止まらないといったことが起こります。ガス腹に悩んでいる場合は、上記の原因をひとつずつ取り除いていく必要があります。

腸内環境の悪化による悪玉菌の増加

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(ひよりみきん)の3つの腸内細菌のグループがあります。

このうち、善玉菌はカラダの抵抗力を高めたり、食べ物の消化や吸収を促進したりする、良いはたらきをします。悪玉菌は反対に、毒素や有害物質をつくったり、ニオイ物質をつくったりします。

善玉菌は2割、悪玉菌は1割、そして日和見菌は7割ほどのバランスで構成されており、このバランスが崩れることで腸内環境が悪化します。具体的には、悪玉菌が増えるとそれに日和見菌が加勢して、いっきに腸内環境が悪くなるのです。

悪玉菌は胃で消化しきれなかったタンパク質を分解して腐敗臭を出します。それはアンモニア・インドール・スカトール・硫化水素などの悪臭物質で、おならの臭いの原因になります。

悪玉菌が増えたり、胃や小腸のはたらきが悪くなって肉類をきちんと消化しきれなくなったり、肉類を摂りすぎたりすると、おならの臭いも強くなります。そのため、肉類の摂取を抑えるだけでも、おならの臭いは軽減されます。

悪玉菌を抑えるには、善玉菌を増やすことです。

善玉菌にはビフィズス菌と、それをサポートする乳酸菌などがあります。赤ちゃんのころは腸内細菌のほとんどが善玉菌ですが、加齢によって悪玉菌の割が増えて、成人するころには善玉菌の割合は全体の10%ほどまで落ちます。

善玉菌はあまり強くなく寿命も短いので、積極的に摂り続けることが大事です。生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌が含まれたヨーグルトを食べるのがいちばんオススメです。

また、悪玉菌や悪玉菌がつくった有害物質を吸着して排出してくれる、食物繊維もきちんと摂るのが良いでしょう。

ストレスと自律神経の乱れ

ストレスや自律神経の乱れがなぜ悪いのかというと、それらは悪玉菌を増やす原因になるからです。

ストレスは自律神経を乱し、自律神経の乱れは腸内環境を悪化させます。具体的には、ストレスによって交感神経と副交感神経のバランスに偏りが出て、胃腸のはたらきが悪くなり、悪玉菌が増加するという流れです。

腸のぜんどう運動は副交感神経がコントロールしているので、副交感神経が優位になるタイミングが少なくなったり、うまく交感神経からの切り替えがおこなわれなかったりするとそのような状態になってしまいます。

そのため、ほど良い運動や趣味を生活に取り入れて、なるべくストレスを感じない環境をつくることが大事です。また、規則正しい生活を送って、自律神経が乱れないように気をつけることが何より大事です。